>>生理不順

生理 不順の原因カテゴリの記事一覧

改善 対処法について

妊娠や産後でもないのに生理の不順になってしまった友人が、その原因について考えていたときに、どうしたら生理不順にならずに済んだのかとぼやいていました。

ある日友人が婦人科の病院へ行って聞いてみたところ、生理不順は、ストレス、睡眠、食事などから影響を受けることを聞いたそうです。

友人が自分の生活習慣を振り返ってみたところ、不正出血などの症状はないが思い当たることも多かったようです。

そこで、どうしたら生理不順にならないのかを聞いて帰ったそうです。

そして、次の日に私へ生理不順のことを教えてくれました。対処 改善法としては主に、


・食事のバランス調整
・睡眠を十分にとる
・緊張から開放する
・適度な運動を心がける
・無理なダイエットを避ける


と言うことでした。

友人は接客の仕事をしているせいか常に緊張しているようでした。

そこで、休憩や昼休みなどはゆっくりと体を休めたり、家に帰ってからも好きな音楽を聞いたり、

大好きなアロマテラピーをするなど、なるべくリラックスできるようにしているようです。

また、なるべく車を使わずに歩いたり、エレベーターやエスカレーターを避け、階段を使ったりと、出来るところから意識していったようです。

夜はついつい遅くまで電話したりしていたのを止めて30分早めに寝るようにしたそうです。

生理不順は直ぐに改善したわけではなかったようですが、少しずつ改善に向かっていると話してくれて私も安心しました。

更年期

更年期になる女性の中にも生理不順になる人が多いそうです。

更年期とは、閉経前後の40歳後半〜50歳半ば頃までを言い、更年期障害と言われる症状も現れてくるようです。

その症状とは、のぼせ、発汗、不快感などが多く、生理 不順、冷え、動悸、頭痛、腰痛、めまい、不眠、不安、うつ気分、イライラ、便秘、排尿障害、不正出血などがあるようです。

これらの症状は人によってもバラつきがあり、症状が重なったり、その日の体調にもよってきます。

女性は40歳後半辺りから月経周期が不安定にもなってくるようです。

6日程度のずれは正常ですが、更年期が近づくと生理不順などをし、月経の周期の範囲が短くなったり長くなるなどしてきます。

そして、50歳近くには閉経になっていくようです。

生理不順は更年期近くの女性であれば極自然な症状なのでそのまま受け入れたいところですが、不安になりストレスを溜めてしまう人も多いようです。

生理 不順の治療は特に必要ないようですが、生理不順の漢方薬も売っていることから、産婦人科など専門医に相談してみても良いかもしれません。

更年期ではない女性では、生理不順と妊娠・出産との関係にも気をつけたいところです。

原因について

生理の不順ってとても嫌ですよね?いつ生理が来るのかな〜なんて思っていると、いきなり次の日に来たり・・・。

生理不順について悩んでいたこともあって、その原因について知りたくなり調べていたら、色々と知ることができました。

原因を調べたところでは、第一には生活習慣から来てるんだそうです。そして次にストレスです。以前はダイエットとかもしてたりしてたんですが、リバウンドなど急に太るのも生理不順になるみたいですね。

私がダイエットしたときは急に太るようなことはありませんでしたけど、どうやら精神的と言うよりも体にストレスがあるといけないようですね。

生活習慣で言うと、食生活がカギを握っているようです。私は仕事柄、外食が多いのですが、肉類がやはり多くなりがちで、野菜不足になったりもします。

これは健康にとって良くないですが、生理不順の原因にもなっているそうなんです。また、生理痛になったりすることもあるようで良いことはないですね。

これらの原因はどうやら、女性ホルモンに何らかの影響をあたえているようです。生理不順はホルモンバランスが崩れることによって引き起こされているようですね。