>>生理不順

生理 不順の治療カテゴリの記事一覧

ビタミン療法

生理の不順では、若い、更年期にかかわらず、不正出血、ストレス、妊娠・産後であったり、嫌なことも多いですよね。

その改善、治療法を考えてみても、漢方、サプリメント、マカ、薬、と色々あるようです。

その治療方の一つにビタミン療法というものがあります。生理 不順は、ホルモンと血液の循環とも深い関わりがあります。

効果的であるとされるビタミンはEで、からだの抗酸化作用、改善が期待できます。

生理 不順の原因の一つにホルモンのバランスが崩れることで起きることもあり、ビタミンEによってホルモンバランスを整えるのが効果的とされています。

これにより血管が広がって血液の流れが良くなり、からだも冷えなくなり温まりやすくなります。

人によっては、ビタミンEだけサプリメントで大量に摂ろうとする場合があるかもしれません。

栄養のバランスをしっかりと考え、婦人科など病院の医師の指示に従った方が良いでしょう。

その際には、しっかりと自分の生理 不順の症状を明確に伝えた方が原因も分かりやすく、良いことも多いそうです。

また、生理 不順では妊娠や産後の産婦人科と、婦人科では、婦人科の方が専門だそうですよ。

ホルモン療法

生理不順は生理周期が不規則になるので、病気かなと気持ちも不安定になりがちです。

そのような不安な気持ちを引きずるのではなく、自分が生理不順だと気づいたらさっそく医師に診てもらうのがよいでしょう。

生理はからだのホルモンと密接な関わりがあり、生理 不順の治療法にはホルモンを調整するというホルモン療法があります。

からだのホルモンの量は生理のとき、少ない多いなど変化が大きくなり、そのバランスがばらついてきます。

10代の場合だとホルモンのバランスは安定していないので、特に気にする必要は無いと思いますが、成人となったら気にする必要がでてきますね。

ホルモン療法は、足りないホルモンを補充することで生理の周期を安定させることができるようです。

また、食生活、睡眠、ストレス、妊娠、産後とも関係が深いので、自分の生活を見直し、習慣を整えていくのが生理 不順の治療・改善には良いでしょう。

また、市販されている漢方、薬、サプリメントなどがあっても、生理 不順の症状が現れたら、まずは婦人科などの専門医に相談することをお勧めします。